台湾旅行にオススメの格安海外wifiをまとめました!

HOME » 事前にチェック!台湾のネット通信について » SIMカードって実は面倒?

SIMカードって実は面倒?

台湾で格安にパケット通信を行う手段として、SIMカードの差し替えがあります。SIMカードとは日本・海外問わず、メールや通話をする際に必要なカードです。

SIMカードにはそれぞれ固有の番号が振られており、誰の携帯なのかを特定することができます。このSIMカードを現地調達して従来のものと差し替えることで、現地の通信回線につなぐことができ、現地の格安な通信料のままメールやインターネットを楽しむことができるのです。

台湾の現地SIMカードってどこに売っているの?

台湾の現地SIMカードで一番わかりやすい売り場が「空港」です。台湾に到着した時に購入すれば、その後すぐにインターネットを楽しむことができます。

もしくは現地の携帯キャリアショップにも販売されています。

プリペイドSIMカードなら安心して使える?

現地でSIMカードを購入する際は「プリペイドSIMカード」が使いやすいです。その名の通りプリペイド式のSIMカードで、一定の金額分使うことができます。

プリペイドにチャージしてある金額以上は使えないので、「予想以上に使いすぎて通信料が高くなってしまった」ということもなく安心。

海外ローミングや海外wifiをレンタルするよりも、SIMカードを購入した方が安く済みます。

しかしプリペイドSIMカードを使うには、いくつか条件があるのです。

SIMロック解除済の携帯電話、SIMフリーの携帯電話でないとNG

プリペイドSIMカードを使うには、SIMロックを解除した携帯電話、またはSIMフリーの携帯電話が必要になります。

SIMロックの解除は、日本で事前に行っておくようにしましょう。空港によっては、各キャリアの携帯ショップが入っている場合もあります。

SIMロックを解除する際、各キャリアごとの条件によって3,000円程の手数料が発生することがあり、また購入してから6か月以上経過したものでないと解除できないルールがあるようです。 

もしSIMロックを解除できなかった場合は、SIMフリー端末が別途必要になります。

さらに台湾で格安SIMを買う時にも、メーカー選びなどで迷ってしまう場合も多いようです。

格安SIMを使用することで通信費を安く抑えることができますが、必要な手続きを踏まなければならないなど設定が面倒であるといえるでしょう。

格安の台湾レンタルwifi3選

※レンタル料は2泊3日分の本体の料金と、受取・返却料金を合わせた金額。
※プランはすべて、4G/LTE、容量が500MB以上のもので比較しています。

オススメはどれ?格安の台湾レンタルwifi3選